日産 フェアレディZ ロードスター 日本で798台しか売れず9月に生産終了へ

日産は「フェアレディZ」の2シーターオープンモデル、「ロードスター」の日本モデルの生産を、本年9月末受注分をもって終了することを発表した。

フェアレディZ「ロードスター」は、基準車のフルモデルチェンジから1年後の2009年10月に、ラインナップに追加したモデル。

従来型車に対してショートホイールベース化と大幅な軽量化を行うことに加え、3.7リッター「VQ37VHR」エンジンを搭載することにより、フェアレディZとしての極めて高い運動性能を実現しています。

同時に、オープン時には風の巻き込みが少ない快適な空間と、エアコンディショニングシートにより気持ちのよい走行を楽しんで頂けるモデルです。

発売以降、2014年4月末までの累計で国内では798台を販売。

fairladyz__011

fairladyz__013

fairladyz__014
(海外モデル)

優れた動力性能と流麗なデザインが、特にスポーツカーを好まれるお客さまから高い評価を得ておりますが、今後は、基準車のさらなる進化に注力するとともに、今後発表を予定している新型「フェアレディZ NISMO」を含めた、フェアレディZ全体の商品力向上を進めて参ります。

「フェアレディZ NISMO」の車両詳細情報は、今夏に発表いたしますが、エクステリアデザイン刷新による空力特性の最適化や、前後のダウンフォースのバランス最適化により、高速域でのハンドリング性能を向上した、ブランドを牽引するモデルとなる予定。

宣伝が足りなかったのでは?との声もあり。
300万円台で手に入るオープンカーとしては魅力的であったと思われるが日本で手に入らなくなるとあって非常に残念である。

今後、日本市場ではFT86オープンなどの発売もあり海外勢のメルセデスベンツSLK・BMW Z4などがあり
日本車のオープンカーがどうなっていくか気になるところだ。

しかし欧米向けの生産は今後も継続するとのこと。

日産ニュースリリース
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2014/_STORY/140522-01-j.html

日産フェアレディZロードスター
http://www2.nissan.co.jp/Z/point_4.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事