トヨタ 新型 プリウスPHV フルモデルチェンジ 2代目 プラグインハイブリッド 日本2017年2月15発売!!

トヨタは新型の2代目プリウスPHV(プラグインハイブリッド)の
フルモデルチェンジを2016年10月26日に発売する予定だったが延期し
2017年2月15日に日本発売を開始した!!

価格:326万1,600円~422万2,800円

Aプレミアム:422万2,800円
Aレザーパッケージ:406万6,200円
A:380万7,000円
Sナビパッケージ:366万6,600円
S:326万1,600円

prius_phv_new_08146.jpg

prius_phv_new_08147.jpg

prius_phv_new_08148.jpg

prius_phv_new_08121.jpg

prius_phv_new_08122.jpg

石原さとみさんを起用した新 CM

新型プリウスPHV公式について

2016年3月23日から開催されたニューヨークモーターショー2016でプリウスの新たな
ラインアップとなるモデル、新型プリウスPHV (プラグインハイブリット)を公開した!!

2016年6月15日~6月17日(10:00〜17:00)の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)
東2・3ホールで開催される「スマートコミュニティJapan 2016」で日本初公開した。

2016年12月17日(土)に開催する新型プリウス PHV先行特別試乗会
Webサイトで2016年11月1日~11月18日まで募集している。
参加者は抽選で最大48組 96名(当選者は1名を同伴可能である)
会場は袖ケ浦フォレスト・レースウェイ 千葉県袖ケ浦市林348-1
新型プリウスPHVの走行フィーリングや加速性能、そしてエコ性能などを、
助手席に乗ったプロドライバーの解説つきでご体験いただけます。

新型プリウス PHV先行特別試乗会応募Webサイト
http://toyota.jp/new_priusphv/testdrive/?padid=ag352_priusphv_sg.tjp_to_tdrive

正式に2017年2月発売が発表となりWEB先行商談予約が2017年1月よりスタートした。
WEB先行商談予約Webサイト
http://toyota.jp/new_priusphv/sales_prerelease/?padid=ag352_priusphv_sg.tjp_to_sales-prerelease

2017年2月15日 新型プリウスPHVの記者発表会
(プレゼンテーション:会長 内山田竹志、主査 金子將一)

プリウスPHVについて

プリウスPHVはコンセントから差込プラグを用いて直接バッテリーに充電できるハイブリッドカー言わば「充電プリウス」である。

現行モデルのプリウスPHVは30系プリウスをベースに作られている。
現行はEVモードで走行した場合、満充電でのEV走行距離は26.4㎞である。

新型プリウスPHVについて

prius_phv_new_08123.jpg

prius_phv_new_08124.jpg

prius_phv_new_0391.jpg

新型プリウスPHV エクステリアについて

今回の、新型プリウスPHVは2015年12月9日に発売した新型プリウス50系
ベースに開発
しているが差別化を図るため、フロントデザイン
(ヘッドライト、フロントバンパーなど)を 新型プリウスをベースにしているがフロント、リヤにオリジナルデザインを採用。

prius_phv_new_08127.jpg

prius_phv_new_08126.jpg

先進的でエモーショナルな外形デザイン
フロント
透明アクリル樹脂を採用した大型グリルと4眼LEDヘッドランプが未来を見据えるシャープな顔つきで
先進感を表現。ヘッドランプは、先行車のテールランプや対向車のヘッドランプで車両を認識し、
照射範囲を左右16個のLEDで細やかに制御するアダプティブハイビームシステムを採用

リヤ
バックドアガラスに採用した二つの膨らみを持つダブルバブルウインドゥ、一本の赤いラインで
つないだハイマウントストップランプとリヤコンビネーションランプなど、一目でプリウスPHVと
印象づけるデザインを採用。
バックドアには、個性ある造形と軽量化を可能にしたTOYOTAブランド初となるCFRPを採用

サイド
延長したリヤオーバーハングを活かし、伸びやかで疾走感のあるシルエットを実現

新型プリウスPHV 走行性能について

更に、TNGA(Toyota New Global Architecture)と呼ばれる
新開発のプラットフォームを採用

ハイブリッドシステムも小型化された、最新のTHSⅡに変更となる。
エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させ現行のリチュウムイオンバッテリーの
容量を4.4kWhから8.8kWhに増やすことで満充電でのEV走行距離は26.4㎞から68.2kmの走行が可能になり2倍近い走行が可能になる。
更に、ガソリンでの走行になる通常走行のハイブリッドモードでも通常の現行プリウスとほぼ同様(L除く) JC08モード燃費37.2km/Lとなる!!(初代プリウスPHVはJC08モード燃費は31.6km/L)

プラグインハイブリッドのJC08モード燃費61km/Lから69.0km/Lへアップする。

また、EV走行のみの最高時速が現行モデルは100km/hであるが、
新型プリウスPHVはEV最高時速135km/Lを出すことができる!!

家庭用電源からの充電(200V/16A、100V/6A)に加え、
充電ステーションでの急速充電にも対応。
急速充電時には、充電量80%まで約20分での充電が可能。

フル充電は
200V/16A:2時間20分
100V/6A:14時間

prius_phv_new_071825.jpg

prius_phv_new_071826.jpg

prius_phv_new_08128.jpg

先日発売されたフォルクスワーゲン ゴルフGTE (PHV車)は充電電力使用時走行距離 53.1kmと
それを超える走行距離68.2kmとなる。

アメリカではプリウスプライムとして販売!!

新型プリウス PHV スペック

新型プリウスPHV (プリウス プライム)
全長:4,645mm
全幅:1,760mm
全高:1,470mm
ホイールベース:2,700mm
パワートレイン:直列4気筒 DOHC 1.8L + モーター×2
エンジン最高出力:98ps/14.5kgm
第一モーター出力:72ps/16.6kgm
第二モーター出力:31ps/4.1kgm
駆動方式:2WD(FF)
バッテリー:リチウムイオン 電力量 8.8kWh
EV航続可能距離:68.2km
EV走行最高時速:135km/h
セル容量:25Ah
セル個数:95個
総電力量8:.8kWh
トランスミッション電気式無段変速機
JC08モード燃費:37.2km/L(ハイブリット走行時)
乗車定員:4人
価格:326万~422万円

prius_phv_new_08129.jpg

インテリアについて

prius_phv_new_071827.jpg

装備においても世界初ガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコン
11.6インチ大型ディスプレイを備えたT-Connect SDナビゲーションシステム
を採用。

3年間の通信サービスを無料。

prius_phv_new_0394.jpg

prius_phv_new_08149.jpg

11.6インチ大型ディスプレイは大画面モニターを生かし
画面を上下2分割表示することが可能で地図表示したまま他の
機能を表示し、使うことが可能となっている。

prius_phv_new_08134.jpg

prius_phv_new_08135.jpg

prius_phv_new_08136.jpg

prius_phv_new_08138.jpg

prius_phv_new_08137.jpg

先進機能について

衝突回避支援パッケージToyota Safety Sense P」を全グレード標準装備する!!

ITS専用周波数(760MHz電波)を活用し、クルマのセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号情報を、
道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信して、
ドライバーに知らせることで安全運転を支援するITS Connectを設定(メーカーオプション)

実用燃費を向上させる、先読みエコドライブ[先読み減速支援]機能を搭載!!
減速時または停止するシーン(交差点など)の手前では、早めにアクセルペダルを戻すことで
バッテリーへの回生量が増えて実用燃費向上に貢献します。新型プリウスPHVでは、
ドライバーの過去の運転傾向から減速・停止の可能性が高い地点を蓄積して登録。
その地点に車両が接近すると、早めの「アクセルOFF案内」と、エンジンブレーキの効果を高める
「回生拡大制御」を実施し、理想的な減速となるように支援する。

ソーラーパネルを搭載(オプション)

prius_phv_new_0393.jpg

prius_phv_new_08140.jpg

プラグインハイブリッド独自の充電システムは、従来の家庭用電源からの充電に加え、
充電ステーションでの急速充電にも対応
ソーラーパネルで発電した電気を駆動用バッテリーに充電する
世界初のソーラー充電システムを備えた。

ソーラーパネルは179Wの発電能力を持ち、1日あたり6.1km走行分の
電力をまかなうことができるという。
年間平均すると1000km走ることができる電力を発電可能にしている。
オプション設定 約30万円

BMWなどでも採用されているトヨタ初となる
CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製バックドアによって、
軽量化とガラスエリア拡大による良好な後方視認性を実現した!!
ラゲージスペース
大容量のリチウムイオンバッテリーを搭載しながら、デッキ面の上昇を77mmに抑えた。
デッキサイド両側を深く凹ませることにより、ゴルフバッグ2個を積載することができる。

Pocket PHV

新型プリウスPHVは常にネットワークと繋がり、専用のスマートフォンアプリを返し
多彩な通信サービスを行う。
安心、便利な通信サービスを3年間無料。

マイカーsecurity (24時間クルマを見守る。)
充電管理(EVでの走行距離などを確認)
リモートエアコンシステム(乗車前に遠隔操作でエアコンを起動)

ボディカラーについて

ボディカラー 全9色
スピリテッドアクアメタリック〈791〉新型プリウスPHV限定カラー
エモーショナルレッド〈3T7〉
サーモテクトライムグリーン〈6W7〉
スティールブロンドメタリック〈4X1〉
アティチュードブラックマイカ〈218〉
グレーメタリック〈1G3〉
シルバーメタリック〈1F7〉
ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉
スーパーホワイトII〈040〉

グレード/価格について

S 急速充電無し
3,261,600円
Sナビパッケージ
3,666,600円
Aナビパッケージ
3,807,000円
A レザー パッケージ<
4,066,200円
Aプレミアム
4,222,800円
ソーラーパネル
280,800円

日常生活では1回の走行距離が50kmを超えない人はガソリンを全く使わないことになり、EV車として
購入する人も多くなりそうだ。

つまり、ライバルとなる車は日産のリーフテスラモーターズのモデルSPHEVのアウトランダーがあたると
思われるが、価格帯やサイズなどで見てもかなりの販売力が見込める1台となりそうだ!!

既に現行のプリウスPHVはトヨタ系ディーラーでの販売を終了しており購入することがほぼできない状態だ!!

走行距離も、もちろんだが充電する場所を増やす事も考えている様子だ!!

新型プリウスと新型プリウスPHV比較

スペック 新型プリウス 新型プリウスPHV
(プリウス プライム)
全長 4,540mm 4,645mm
全幅 1,760mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 直列4気筒 DOHC 1.8L+モーター 直列4気筒 DOHC 1.8L + モーター×2
エンジン最高出力 98ps/5,200rpm
エンジン最大トルク 14.5kgm/3,600rpm
第一モーター最高出力 72ps/16.6kgm
第二モーター最高出力 31ps/4.1kgm
システム最高出力 120ps 122ps
バッテリーリチウムイオン電力量 745.9Wh 8.8kWh
駆動方式 2WD(FF)/E-Four(4WD) 2WD(FF)
EV航続可能距離 68.2km
EV走行最高時速 135km/h
JC08モード燃費
(ハイブリット走行時)
37km/L 37.2km/L
乗車定員 5名 4名
価格 242万9,018円〜339万4,145円 326万1,600円~422万2,800円

新型プリウスPHV純正カスタム

トヨタオリジナルエアロパッケージ
1.フロントスポイラー
2.サイドマッドガード
3.リヤロアバンパーカバー
エアロパッケージ

modellista_phev_011.jpg

MODELLISTA エアロキット
TRDパーツ
TRD Ver.1
TRD Ver.2

発売日について

新型プリウスの生産など色々なことを考えて

気になる日本発売日だ2016年10月26日だったが、
2016年8月3日にトヨタは発売を延期することを発表し 日本発売を2017年2月15日となった!!

発売を延期について
①理由は生産が追いついていないこと。
②品質問題で、雨漏りの恐れがあるとのこと。

また販売ディーラーによるが、先行予約については既にスタートしている!!

早く手に入れたい方は急いだ方がいいかもしれない!!

新型プリウスをベースにしたモデルが続々と今後発売される予定だ。
プリウス G’s
プリウスα

また、新型プリウスは
米国道路安全保険協会(IIHS)でのクラッシュテストで最高評価を得ています!!

最後に、初代プリウスPHVの乗車定員は5名だったのに対し、新型は乗車定員は4名であることだ・・・
開発者ではないのでわからないがユーザー目線で考えれば後部座席のシート形状は新型プリウスど共通であって ほしかった。

prius_phv_new_08132.jpg

prius_phv_new_08131.jpg

prius_phv_new_08130.jpg

prius_phv_new_08144.jpg

prius_phv_new_08133.jpg

prius_phv_new_08141.jpg

prius_phv_new_071821.jpg

prius_phv_new_071822.jpg

prius_phv_new_071823.jpg

prius_phv_new_071824.jpg

スペック 新型プリウスPHV
(プリウス プライム)
全長 4,645mm
全幅 1,760mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 直列4気筒 DOHC 1.8L + モーター×2
エンジン最高出力 98ps/14.5kgm
第一モーター最高出力 72ps/16.6kgm
第二モーター最高出力 31ps/4.1kgm
システム最高出力 122ps
バッテリーリチウムイオン電力量 8.8kWh
駆動方式 2WD(FF)
EV航続可能距離 60km以上
EV走行最高時速 135km/h
JC08モード燃費
(ハイブリット走行時)
37km/L
乗車定員 4人
価格は 320~400万円






今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

Toyota has pulled the covers off the new Prius Prime Plug-In Hybrid, at the 2016 New York Auto Show.

https://www.facebook.com/ToyotaMotorCorporation
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000318875/SortID=20060798/#tab

トヨタニュースリリース

Toyota is rolling out the next mechanical marvel in the Prius lineup at 9:10 a.m. EDT, Wednesday, March 23.
TOYOTAは、米国・ニューヨークで3月23日~4月3日に開催される2016年ニューヨーク国際オートショーにおいて、フルモデルチェンジを予定しているプリウスPHVを発表した。
トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、6月15日(水)から17日(金)までの3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「スマートコミュニティJapan 2016」に出展する。
TOYOTAは、新型プリウスPHVの(国内)発売時期を、当初予定していた今秋から、今冬に延期することといたしましたので、お知らせいたします。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000318875/SortID=20060798/#tab

新型プリウスPHV
http://toyota.jp/new_priusphv/

ソース

トヨタは新型の2代目プリウスPHV(プラグインハイブリッド)の フルモデルチェンジを2016年10月26日に発売する予定だったが延期し 2017年2月15日に日本発売を開始した!! 価格:326万1,600円~422万2,800円 Aプレミアム:422万2,800円 Aレザーパッケージ:406万6,2...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事