ホンダ 新型 シビック タイプR フルモデルチェンジ 新 2.0L 4気筒VTECターボエンジン搭載 2017年7月27日正式発表、9月29日発売

ホンダは新型シビックタイプRのフルモデルチェンジを行い、日本では2017年7月27日に正式発表、9月29日に発売する。

英国での価格は£30,995(約452.9万円)からとなる。
実際の日本での価格:450万360円(税込)

今回は限定車ではなく通常モデルとして販売される。
同日に新型シビックシリーズの3モデル「シビック ハッチバック」「シビック セダン」「シビックタイプR」が発売開始される。

シリーズ販売計画:1500台/月

2017年3月7日に開催されたジュネーブモーターショー2017で新型シビックタイプRの量産モデルを発表した。
2017年4月14日に開催されるニューヨークモーターショー2017にて新型シビックタイプRを初公開した。

2017年6月23日にホンダ公式ホームページにて日本モデルの新型シビックタイプRを先行公開した。

新型シビック タイプR 日本モデル / チャンピオンシップホワイト

センターコンソールのナビは純正オプションで、基本はオーディオレスの8スピーカー(4スピーカー+4トゥイーター)

新型シビックタイプR ニュルブルクリンク北コースのFFラップレコード最速となる

ニュルブルクリンク北コースのFFラップレコード最速は新型ゴルフ GTI クラブスポーツS でタイムは、ホンダの新型シビック Type Rが保持していたラップレコードの7分50秒63よりも短い7分49秒21である。

しかし、今回のフルモデルチェンジで進化を遂げ新型ゴルフ GTI クラブスポーツSのラップレコードを5秒41短い7分43秒80になり最速タイムを更新した。

千葉県の幕張メッセにて開催中の「東京オートサロン2017」<1月13日(金)〜15日(日)>にて
日本初公開する。
新型シビックシリーズの3モデル「シビック ハッチバック」「シビック セダン
プロトタイプモデルも公開した。
http://www.honda.co.jp/autosalon/

大阪府のインテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2017」に出展
<2月10日(金)から2月12日(日)>にて2度目の公開する。
http://www.honda.co.jp/automesse/

国内製造ではなくイギリスの工場で製造している、逆輸入と言う形で販売をスタートする。


新型シビックタイプRの量産モデル

高剛性なハイテン材を使い、シート骨格の構造を刷新して約10%軽量化したTYPE R専用シートを採用。

シフトノブの後方にシリアルナンバー入りアルミ製エンブレムを装着している。

TYPE Rの専用アルミホイールは材質を高ヤング率として軽量・高剛性を実現。245/30 R20サイズのタイヤは、ドライ&ウェットのどちらの路面でも最適な設置性能を実現できるよう専用開発。

ブレンボ製4ピストンアルミモノブロックキャリパーを採用マスターパワーも新設計して、ドライバーの踏力に合わせて制動力が自在にコントロール可能


東京オートサロン2017 新型シビックタイプR

ホンダは10代目としてモデルチェンジする新型シビックセダン
デトロイトとロサンゼルスで2015年9月16日に量産モデルの正式発表した。

新型シビックタイプR正式発表について

2016年11月1日〜4日まで米国 ネバダ州 ラスベガスで開催される
北米最大のカスタムカーショー
「2016 SEMA(Specialty Equipment Market Association) Show」にて出品した。

43年の歴史の中で最も野心的なモデルチェンジ」というのを掲げている。

2016年10月に開催予定のパリモーターショー2016にて新型シビックハッチバックと共に発表される。 

この新型シビックハッチバックをベースに開発された、
新型シビックタイプR次世代モデルとしてカスタマイズしたカモフラージュカーが
ニュルブルクリンクサーキット北コースで撮影され、動画も収められている。

日本は受注生産で2015年10月29日~11月23日 750台限定販売される現行シビックタイプRと
同じエンジンが搭載されるがブラッシュアップされた最高出力10ps upさせたエンジンを搭載する。

新型シビックタイプRのスペックについて

新 2.0L 4気筒ターボエンジン「VTEC TURBO」搭載
最高出力:320ps(310ps/6,500rpm )
最大トルク:400Nm(400Nm/2,500rpm)
トランスミッション:6速MT
駆動方式:FF
最高速度:270km/h
仕様燃料:ハイオク
JC08モード燃費:12.8km/h

( )は現行モデル

現行モデル比較してねじれ剛性が38%向上!
新型シビックハッチバックより軽く頑丈なボディ重要なポイントに溶接を増やした。

センターコンソール左側のスイッチでドライビングモードにはスポーツモード、+Rモードに加え、コンフォートモードを設定。

アダプティブダンパーを装備
リアウイングの軽量化やフロントエアカーテン、ルーフラインのボルテックスジェネレーターなど
現行モデルよりエアロダイナミクスが向上。ハイスピードでもクラストップの安定性を誇る。
20インチアルミホイール&SportContact 6を採用。

「Apple CarPlay」と「Android Auto」対応7インチタッチスクリーンディスプレイ
12スピーカー540Wプレミアムサウンドシステム
インテリアにはレザーのステアリングホイールとシフトブーツ アルミシフトノブ ペダルを採用した。

安全装備・運転支援機能

ドライブモードスイッチ
レブマッチシステム
アジャイルハンドリングアシスト
VSA
EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS
デュアルピニオンアシストEPS 運転席用&助手席用i-SRSエアバッグシステム
前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム
LEDヘッドライト(ハイ/ロービーム、オートレベリング/オートライトコントロール機構付)
LEDフォグライト
導光タイプLEDポジションランプ
LEDリアライセンスランプ
ポップアップフードシステム
ヒルスタートアシスト機能
電子制御パーキングブレーキ
オートブレーキホールド機能
アイドリングストップシステム
ダブルホーン
イモビライザー
セキュリティアラーム

安全装備・運転支援機能

TYPE R専用メーター
Hondaスマートキーシステム(TYPE R専用エンブレムキー2個付)
降車時オートドアロック機能
プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ
ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器
8スピーカー(4スピーカー+4ツィーター)

インテリア&エクステリア

Honda TYPE Rシート(フロント)
本革巻ステアリングホイール
TYPE R専用ステアリングエンブレム
ステンレス製スポーツペダル
アルミ製シフトノブ
自動防眩ルームミラー
6:4分割可倒式リアシート
カーゴエリアカバー
シリアルナンバー入りアルミ製エンブレム
遮音機能付ガラス(フロントウインドウ)
IRカット〈遮熱〉/UVカット機能付ガラス(フロントウィンドウ)
IRカット〈遮熱〉/スーパーUVカット機能付ガラス(フロントドア)
プライバシーガラス(リアドア/テールゲート)
オートリトラミラー
バリアブル間欠フロントワイパー(ミスト機構付、雨滴検知式)

足まわり/走行関連メカニズム

アダプティブ・ダンパー・システム
TYPE R専用サスペンション(フロント:デュアルアクシス・ストラット リア:マルチリンク)
245/30ZR20 90Yスチールラジアルタイヤ
20インチアルミホイール
Brembo社製フロント大径ベンチレーテッドディスクブレーキ
Brembo社製フロントアルミ対向4ポットキャリパー
リアディスクブレーキ
ヘリカルLSD(リミテッドスリップデフ)

新型 シビック タイプR 専用オプション

フロントグリルガーニッシュ
ドアミラーカバー
テールゲートスポイラー(リアルカーボン×レッドナイロン)
20インチアルミホイール(チャンピョンシップホワイト)
インテリアパネル(カーボン)
シフトノブ
フロアカーペットマット(デザインタイプ)
サイドステップガーニッシュ

新型シビック セダン ボディカラー全4色について

チャンピオンシップホワイト
クリスタルブラック・パール
フレームレッド
ブリリアントスポーティブルー・メタリック


ブリリアントスポーティブルー・メタリック

スペック 新型シビック タイプR
全長 4.560mm
全幅 1.875mm
全高 1.435mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 2.0L 4気筒ターボエンジン VTEC TURBO
最高出力 320ps/6,500rpm
最大トルク 40.7kgm/2,500-4,500rpm
トランスミッション 6速MT
駆動方式 FF
最高速度 270km/h
JC08モード燃費 12.8km/L
価格 450万360円

新型シビック 3タイプ比較

スペック 新型シビック
セダン
新型シビック
ハッチバック
新型シビック
TYPE R
全長 4.650mm 4.520mm 4.560mm
全幅 1,800mm 1.875mm
全高 1,415mm 1.435mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 1.5L 4気筒ターボ
エンジン
VTEC Turbo
(L15B)
1.5L 4気筒ターボ
エンジン
VTEC Turbo
(L15C)
2.0L 4気筒ターボ
エンジン
VTEC Turbo
(K20C)
最高出力 173ps/
5,500rpm
182ps/
5,500(6,000)rpm
320ps/
6,500rpm
最大トルク 22.4kgm/
1,700-
5,500rpm
24.5kgm/
1,900−
5,000rpm
40.8kgm/
2,500-
4,500rpm
トランスミッション CVT
(7速モード付)
6速MT
駆動方式 2WD (FF)
タイヤサイズ 215/55 R16
93V
235/40 R18
95Y
245/30 ZR20
90Y
車両重量 1,300kg 1,350kg 1,320kg 1,390kg
JC08モード燃費 19.4km/L 18.0km/L 17.4km/L 12.8km/L
価格 265万320円 280万440円 450万360円

新型シビック タイプR 納期について

2017年6月29日よりホンダの各販売店でオーダーが開始された。
各販売店での割り当ては1〜2台程度で、既に現在の納車は2018年1〜3月となってきている。

シビックシリーズ販売計画:1500台/月を目標としていることから製造はもちろん追いつかない程の受注を抱えていることが納車に大きく影響している。

気になる値引きだが現在は5万円程度が妥当だろう。


新型シビックタイプRの量産モデル

前後のタイヤの前に設置したカーボン製の「フロントフリックアップ」と「リアフリックアップ」が気流を跳ね上げてダウンフォースを発生させる。
縦に並んだ開口部からフロントのタイヤハウス内に空気を導き、タイヤ前方の気流を整流してドラッグ低減を図る「エアカーテン」。

ダウンフォースを発生させてリアタイヤのグリップ力を高める「ボルテックスジェネレーター」とリアスポイラー

新型シビックタイプRの開発車輌がスペイン南部の公道でテスト中の模様が、撮影されている。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://car-report.jp/blog-entry-592.html

ホンダシビックタイプR
http://www.honda.co.jp/CIVIC/new/TYPE-R/

ホンダニュースリリース
http://www.honda.co.jp/news/2017/4170113.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事