トヨタ 新型 プリウス PHV GR SPORT 専用バンパー、アルミホイールなどを装備、スポーツ性能を向上し 2017年9月19日発売

トヨタは新型プリウスPHVにGRモデルをラインナップし新型プリウス PHV GR SPORTを2017年9月19日に発売した。
ベースグレードはS“ナビパッケージ”/S

価格371万1,960円〜411万6,960円

2017年1月20日から開幕したWRCに参戦した「Yaris WRC」がデビューし 「G’s」ブランドから新しいブランド「GR」へ移行した。

GR について

ニュースリリースより 「GR」は、「もっといいクルマづくり」を目指すGAZOO Racing Companyが、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(ドイツ)や、全日本ラリーなどのモータースポーツ活動を通じてクルマと人を鍛え、そこで得た知見やノウハウを注ぎ開発した新しいスポーツカーシリーズ。モデル体系としては、エンジン内部にもチューニングを施した数量限定販売の「GRMN」を頂点に、GRMNのエッセンスを注ぎ込んだ量販スポーツモデルの「GR」、ミニバンなどにも設定し、気軽にスポーツドライブを楽しめる「GR SPORT」を設定する。また、カスタマイズを楽しめるアフターパーツ「GR PARTS」も設定。走りの機能を追求するパーツとして、将来的には機能系アイテムも導入する計画である。

新型プリウス PHV GR SPORT スペック

新型プリウス PHV GR スポーツは通常モデルとスペックに変更はない。

新型プリウス PHV GR SPORT 主要装備

走るための機能をストイックに追求した水平/垂直の「Functional MATRIX」グリル
ホワイト塗装+GRロゴ入りのブレーキキャリパー
専用エンブレム(全車 : 前後、サイド)
専用スポーティシート(GRロゴ入り)
ドアトリム、フロントシート等にスポーティさを演出した専用加飾やシルバーステッチ
GR専用スタートスイッチ(HVはパワースイッチ)
専用チューニングサスペンション
ブレース追加
専用タコメーター(GRロゴ付)
シフトノブ(スモークブラック加飾)
アルミペダル
小径ステアリングホイール

新型プリウス PHV GR SPORT ボディカラーについて

ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション)
シルバーメタリック
グレーメタリック
アティチュードブラックマイカ
エモーショナルレッド(メーカーオプション)
サーモテクトライムグリーン(メーカーオプション)
スピリテッドアクアメタリック

スペック 新型プリウスPHV GRスポーツ
全長 4,645mm
全幅 1,760mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 直列4気筒 DOHC 1.8L + モーター×2
エンジン最高出力 98ps/14.5kgm
第一モーター最高出力 72ps/16.6kgm
第二モーター最高出力 31ps/4.1kgm
システム最高出力 122ps
バッテリーリチウムイオン電力量 8.8kWh
駆動方式 2WD(FF)
EV航続可能距離 60km以上
EV走行最高時速 135km/h
JC08モード燃費
(ハイブリット走行時)
37km/L
乗車定員 4人
価格は 371万1,960円〜411万6,960円

正に、トヨタ社長 豊田章男氏が掲げる企業スローガン「FUN TO DRIVE, AGAIN.」となる1台となりそうだ。

G’s(GR)とは

G’s”とは、より幅広いお客様に「走りの味」「クルマの楽しさ」を提供するために、 GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施し、「意のままに操れる」 ハンドリング性能を実現するとともに、架装工程のインライン化などにより、お求めやすい価格設定を実現した スポーツコンバージョン車シリーズである。

新型プリウスPHVについて


新型プリウス

新型プリウスは2015年12月9日発売が開始され、TNGA(Toyota New Global Architecture) 新開発のプラットフォームを採用し高い空力性能を実現するなど、現行モデルから大幅な進化を果した。
グレード「E」においてはJC08モード走行燃費40.8km/Lの低燃費を実現!!
その他の2WD車においてもJC08モード37.2km/L、 新たに投入したE-Four(電気式4輪駆動方式)車はJC08モード34.0km/Lの低燃費を実現!!


新型プリウスPHV

新型プリウスPHVは新型プリウス50系をベースに開発しているが差別化を図るため、フロントデザインヘッドライト、フロントバンパーなど)を 新型プリウスをベースにしているがフロント、リヤにオリジナルデザインを採用。

リチュウムイオンバッテリーの
容量を4.4kWhから8.8kWhに増やすことで満充電でのEV走行距離は26.4㎞から68.2kmの走行が可能になり2倍近い走行が可能になる。

更に、ガソリンでの走行になる通常走行のハイブリッドモードでも通常の現行プリウスとほぼ同様(L除く) JC08モード燃費37.2km/Lとなる!!(初代プリウスPHVはJC08モード燃費は31.6km/L) プラグインハイブリッドのJC08モード燃費61km/Lから69.0km/Lへアップした。

新型 プリウス /プリウス PHV GR について

この新型プリウスにGAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施し かなりのスポーツ走行が可能なモデルとなりそうだ!!

装備としての予想は
アルミホイール(ハイグロスブラック塗装+切削光輝、タイヤサイズは225/45R18)
チューニングサスペンション (全高を約15mmダウン)
剛性アップパーツ・空力パーツ
フロントバンパー&ラジエーターグリル(ダークメッキ加飾/黒艶塗装)
LEDイルミネーションビーム
マフラー(大径バッフル/サウンドチューニング)
本革巻き4本スポークステアリングホイール(ディンプル+シルバーステッチ)
パワースイッチ(レッド/GRロゴ付)
フロントスポーティシート(GRエンブレム付)
センターレジスター&センタークラスター&ドアスイッチベース(ラメ入りピアノブラック塗装)
助手席側インストルメントパネル(シルバーダブルステッチ+クロームメッキモール+GRロゴ付メッキレバー)
センターメータ-(専用初期画面+タコメーター)

などが装備されるだろう!!

価格はSナビパッケージ:366万6,600円に+約30万円UPの395万円前後と思われる!!
以前も他のモデルも30、40万円UPである!!

正に、トヨタ社長 豊田章男氏が掲げる企業スローガン「FUN TO DRIVE, AGAIN.」 となる1台となりそうだ!!

新型プリウス PHV GR スポーツ スペック

新型プリウス PHV GR スポーツは通常モデルとスペックに変更はない。

スペック 新型プリウスPHV GRスポーツ
全長 4,645mm
全幅 1,760mm
全高 1,470mm
ホイールベース 2,700mm
エンジン 直列4気筒 DOHC 1.8L + モーター×2
エンジン最高出力 98ps/14.5kgm
第一モーター最高出力 72ps/16.6kgm
第二モーター最高出力 31ps/4.1kgm
システム最高出力 122ps
バッテリーリチウムイオン電力量 8.8kWh
駆動方式 2WD(FF)
EV航続可能距離 60km以上
EV走行最高時速 135km/h
JC08モード燃費
(ハイブリット走行時)
37km/L
乗車定員 4人
価格は 395万円

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

トヨタ G’s
http://toyota.jp/carlineup/gs/

GR

モータースポーツが生んだスポーツカーブランド、GR。WRC、WEC、ニュルブルクリンク24時間レースなど、過酷なモータースポーツ参戦を通してクルマを鍛え、人を鍛えつづけるTOYOTA GAZOO Racing。GRは、TGRのドライバーとエンジニアがレースフィールドで培った技術を注ぎこみ、最高度のチューニングを施したス...
トヨタニュースリリース
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/18634585/

ソース

トヨタは新型プリウスPHVにGRモデルをラインナップし新型プリウス PHV GR SPORTを2017年9月19日に発売した。 ベースグレードはS“ナビパッケージ”/S 価格371万1,960円〜411万6,960円 2017年1月20日から開幕したWRCに参戦した「Yaris WRC」がデビューし ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事