フォルクスワーゲン 新型 パサート / パサートヴァリアント GTE プラグインハイブリッド PHEV 日本 2016年6月7日発売!!

フォルクスワーゲンは新型パサートとパサートヴァリアントのGTE プラグインハイブリッド (PHEV) モデルを
日本で2016年6月7日から販売を開始した!!

新型ゴルフGTEに続くプラグインハイブリッド(PHEV)モデル第2弾である!!

現行パサートは7月3日ドイツにて8代目となる2015年モデルのパサートを発表しフルモデルチェンジを果たした。

そして、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは2015年7月16日新型パサートとパサートヴァリアントを
日本全国の ディーラーで販売を開始した。

新型パサート B8は、ゴルフと共用のMQBフレキシブルプラットフォームが採用され
車輌重量をモデルによって85kgも減量しているのが特徴である。

そして今回の

パサートGTE
全長:4,775〜4,785mm
全幅:1,830mm
全高:1,460〜1,510mm
ホイールベース:2,800mm

直列4気筒 1.4L ターボ
最高出力:156ps
モーター出力:116ps
システム出力:211ps
ミッション:6速DSG デュアルクラッチ
バッテリー:リチウムイオンバッテリー (9.9kWh)
0-100km/h加速 :7.4秒
JC08モード燃費燃費:21.4km/L 最大51.7kmを電力のみで走行可能
走行モード:EV/ハイブリッド(HV)/GTEの3種類

価格:5,199,000〜5,999,000円

「Passat GTE」シリーズのエクステリアやインテリアにも、フォルクスワーゲンの e-mobility を象徴する
ブルーを用いたパーツを装着することで、「GTE」シリーズとしての統一感あるデザインを際立たせ、
他のフォルクスワーゲン各モデルとの明確な差別化を図っている。
フロント部分では、青いGTE エンブレムと LED ヘッドライトからラジエーターグリルの上部に伸びる
水平ラインが大きな特徴
になっていますが、その中でもとくに印象的なのが、
フォルクスワーゲンの e-mobility シリーズに共通して用いられているフロントバンパーの左右に埋め込まれた
C 字型の LED ランプ
でしょう。同じようにインテリアも GTE 専用の
レザー3 本スポークマルチファンクションステアリングホイール(オーディオコントロール付、カラードステッチ)や
シフトノブなどにブルーのステッチが入っています。

デジタルメータークラスターの“Active Info Display”(アクティブ インフォ ディスプレイ)や
ヘッドアップディスプレイを他のフォルクスワーゲンモデルに先駆けて採用。

これにより、先進性と共に優れた利便性と安全性を実現。
また、従来よりも機能向上した駐車支援システム”ParkAssist”やアラウンドビューカメラ”Area View“といった
さらなる先進技術も Passat シリーズに新たに採用された 。

渋滞時追従支援システム”Traffic Assist“やアダプティブクルーズコントロール”ACC”(全車速追従機能付)などの
全方位アドバンスド・セーフティを標準設定。

new-passat-gte_01 new-passat-gte_02 new-passat-gte_03 new-passat-gte_04 new-passat-gte_05 new-passat-gte_06 new-passat-gte_08 new-passat-gte_09 new-passat-gte_10 new-passat-gte_11 new-passat-gte_12 new-passat-gte_13 new-passat-gte_14 new-passat-gte_15 new-passat-gte_16 new-passat-gte_17 new-passat-gte_18 new-passat-gte_19 new-passat-gte_20 new-passat-gte_21

フォルクスワーゲンニュースリリース
http://www.volkswagen.co.jp/content/medialib/vwd4/jp/volkswagen/news/2016/info160607_1_web/_jcr_content/renditions/rendition.download_attachment.file/info160607_1_web.pdf
ソース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事