トヨタ 新型 カローラフィルダー・アクシオ ビックマイナーチェンジ 北米仕様に似たフロントマスクに一新

トヨタがカローラフィルダーとアクシオのビックマイナーチェンジを予定している。

2012年8月からカローラのハイブリッドを発売し売上が好調だが販売から丸3年のタイミング2015年前半で フロントマスクを一新しマイナーチェンジを行う。

最近のトヨタはマイナーチェンジの際イカツイ顔つきに変更傾向があり、ヴィッツ、SAI、カムリなどがそうなってきた。 カローラフィルダもその流れになっていくだろう。

イメージとしては北米、欧州カローラは日本仕様とは異なるが今回のマイナーチェンジにより似た仕様になっていきそうだ。

corolla_06

(北米モデル)

ガソリンモデルは燃費向上が図られる様子だ。
アトキンソンサイクル化、クールドEGR、VVT-iEなどの採用により、燃費が向上し、JC08モード燃費22.0km/Lの燃費になると思われる。

また、ハイブリッドモデルは現行と同様の直4 1.5L+モーターでJC08モード燃費33.0km/Lとなる。

スペック 新型カローラフィルダ アクシオ
全長 4360mm
全幅 1695mm
全高 1460mm
エンジン 直4 1.5L+モーター
 JC08モード燃費 33.0km/L
価格 150万円~230万円

今後情報が入り次第お伝え致します。

ソース

トヨタがカローラフィルダーとアクシオのビックマイナーチェンジを3月30日に発表し4月1日から販売を開始する。 2012年8月からカローラのハイブリッドを発売し売上が好調だが販売から 丸3年のタイミング2015年4月でフロントマスクを一新しマイナーチェンジ を行う。 最近のトヨタはマイナー...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事