スバル 新型 BRZ フルモデルチェンジ 2代目 東京モーターショー2019出展か? 2021年発売

スバル

スバルは新型BRZのフルモデルチェンジを行い2021年発売する。
2代目となるBRZは2019年に開催予定の東京モーターショー2019でコンセプトモデルを出展予定である。

現行モデルは2012年3月28日発売を開始しており、丸9年でのフルモデルチェンジとなる!!
BRZはスバルがトヨタと共同開発したスポーツカー。トヨタブランドでは兄弟車のトヨタ・86として販売され、生産は両車とも富士重工業群馬製作所本工場にて行なわれる。

2代目 新型BRZについて

既に噂は沢山でてはいるが、トヨタとBMWとの提携により、トヨタは新型スープラBMWは新型Z4を2018年に発売を目指していることもありトヨタとの共同開発したスポーツカーであるBRZの時期モデルの開発はないのではと噂されてはいたものの・・・
富士重工業(株式会社SUBARU)は2005年から現在までもトヨタ自動車が買い取って筆頭株主であり、富士重工業とトヨタ自動車が提携することで合意している。

トヨタ自動車およびトヨタグループ(トヨタ傘下)のダイハツ工業との開発部門の交流や部品共通化によるコスト削減などを行っており開発においても変わりなく行っている様子だ。

富士重工業(株式会社SUBARU)の社長 吉永 泰之氏は取材でもBRZは1世代で終わらす考えがないこと明らかにしている。86とBRZは手頃なスポーツカーとして人気もあり、新モデルの開発は両社の企業イメージ向上につなげる。

エクステリアはキープコンセプトでありエンジンなどは新モデルをランナップする予定だ。
噂では新開発1.5Lダウサイジングターボ+モーター搭載すると言われている!!

 

BRZについて

BRZはスバルがトヨタと共同開発したスポーツカー。
トヨタブランドでは兄弟車のトヨタ・86として販売され、生産は両車とも富士重工業群馬製作所本工場にて行なわれる。
現行モデルは2012年3月28日発売を開始。

スバルが生産、トヨタが販売するFRレイアウトのスポーツカーである。
小型・軽量・低重心を狙って開発されたモデルで、車名の由来はBはボクサーエンジン (Boxer Engine)Rは後輪駆動(Rear wheel drive)、Zは究極(Zenith)を意味している。
ヘッドランプ・フロントバンパー・フェンダー部のエンブレムや内装デザインなどが違う。

2016年3月23日から開催されるニューヨークモーターショー2016でマイナーチェンジを果たした、BRZ。
エクステリアはバンパーの変更を行い、イメージを一新し2016年7月5日発表、2016年8月1日発売を開始した。

brz_2017_11231

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://www.carscoops.com/2016/12/toyota-confirms-second-gen-gt-86-will.html
BRZ
https://www.subaru.jp/brz/brz/

ソース
http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-983.html

スバル
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報