ホンダ 新型 CR-V 2015年に発売予定!!画像公開へ!!

ホンダが新型となるCR-Vの開発を進めている。

今回は現行の第4世代となる2011年から生産されているモデルのマイナーチェンジとも言われている。

「EXCITING H DESIGN!!!(エキサイティング H デザイン!!!)」がやはり採用されている。

Honda_CRV1 Honda_CRV3 Honda_CRV2 honda-cr-v_03 honda-cr-v_05 honda-cr-v_02

変更点などは以下の通り。

①LEDのデイタイムランニングライト付きの新しいヘッドライト
②クロームバー
③ハニカムメッシュを備えたフロントグリル
④クローム仕立てのハウジングを持つフォグランプが特徴的なバンパーなどでフロントのデザイン
⑤新デザインアルミホイールなど
⑥新しいエンジンのラインナップ

などの変更点があると思われる。

また、エンジンは現在の2.2L 4気筒ターボディーゼルから

新しい1.6L 4気筒ターボディーゼルユニット 最高出力158bhを採用する。

マニュアルトランスミッションモデル
オプションの9速オートマチックトランスミッションモデル

1.6L 4気筒ターボディーゼルユニット 最高出力118bhp

119g/kmから117g/kgにCO2排出量を低減している。

「EXCITING H DESIGN!!!(エキサイティング H デザイン!!!)」

新型フィットから採用されている。

■エクステリアデザイン

●High Tech.
Hondaの新しいデザインアイデンティティーである「ソリッド・ウイング・フェース」を採用。Hondaの象徴である「H」マークを中心に、フロントグリルからヘッドライトまでを一つのつながりとして、先進感のあるデザインを創造します。

●High Tension
鍛え抜かれた美しいプロポーションの「アスリートフォルム」で、緊張感のある面構成を具現化します。

●High Touch
思わず触りたくなるような、人の心を惹きつける練り込まれた造形の「ドラマチックサーフェース」を目指します。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース

ホンダが新型となるCR-Vの販売を欧州から開始した。 今回は現行の第4世代となる2011年から生産されているモデルのマイナーチェンジである。 「EXCITING H DESIGN!!!(エキサイティング H デザイン!!!)」がやはり採用されている。 変更点などは以下の通り。 ①LEDのデイタイ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事