トヨタ 新型 カローラ フィルダー/ アクシオ ハイブリッド フルモデルチェンジ 3ナンバー化 TNGA採用 2019年6月発売

トヨタ

トヨタは新型カローラ フィルダー/ アクシオのフルモデルチェンジを行い2019年6月発売する。
同時期に新型オーリスもフルモデルチェンジを果たし、カローラハッチバックとし発売される。
2018年4月25日~5月4日に開催される北京モーターショー2018にて新型カローラ、新型レビンのPHV プラグインハイブリッドモデルを世界初公開した。

カローラ フィルダー/アクシオについて

クラウンやランドクルーザー、そして後発のプリウスと並ぶトヨタの代表的な車種で、日本において特に普及した大衆乗用車シリーズの一つである。
日本の本格的な小型の大衆乗用車のブランド(商標)としては11代51年(セダンの場合)と最も息が長く、また、日本市場に現存する大衆向け小型普通自動車全体のブランドでは1963年登場のマツダ・ファミリアに次いで2番目の長命ブランドとなっている。

2013年7月には累計生産台数4000万台を達成し、さらに2015年6月には日本国内累積販売台数1000万台(歴代の派生モデルを含む)を達成した。2017年現在、世界154か国の国で販売されている。

現行はシリーズ通算11代目、サブネームが付いたモデルでは2代目となるが2012年から販売を開始。

これまでのMCプラットフォーム(Cセグメント)からヴィッツ系プラットフォームの(Bプラットフォーム)に変更された。
全長を短縮させたのはカローラ史上初のことである。2015年6月にはToyota Safety Sense Cを標準搭載した。

モデルチェンジは初代から2代目で7年でフルモデルチェンジを果たしており今回も同様のタイミングで行われる。

新型 カローラ エクステリア

エクステリアは海外モデルのカローラに近いモデルとなりヘッドライトはフルLEDヘッドライト、1眼でハイビームとロービームを使い分けるBi-Beam LEDを採用、LEDフォグランプと新デザインのフロントグリル、リアオールLEDランプクラスターを採用する。

 

新型カローラハッチバック 室内

TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Cプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得ることが可能。

高い空力性能を実現するなど、新開発のプラットフォームを採用により「低重心化」「ボディ剛性がUP」し現行モデルから大幅な進化を果たす。

新型 カローラ 新技術を採用

今回は、ヴィッツ系BプラットフォームからCセグメントとなり現行サイズから一回り大きくなる
2015年12月9日に発売が開始された新型プリウスに技術ををベースに開発が進んでいる。プリウスのステーションワゴンと言ってもいいかもしれない。

TNGA(Toyota New Global Architecture)(GA-Cプラットフォーム)と呼ばれる新開発のプラットフォームを採用することによって、現行モデルよりも広い室内空間を得る。
現行に比べ全高が若干さがり、更に低重心化をはかることができる。
ボディサイズも現行よりも若干大きくなり更に広い室内空間となり内装周りも現行よりも豪華な仕様となりそうだ。 

4代目新型プリウスのものを移植した改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」にモーターを組み合わせたリダクション機構付THS IIを採用する。ハイブリッドシステムは小型化されたTHSⅡを採用し、バッテリーの位置など大幅に変更となる。

エンジンの熱効率やトランスミッションの伝達効率を向上させることで、パワートレーンシステム全体(エンジン・トランスミッション)で燃費は約25%、動力性能は約15%以上向上。

最大熱効率40%を実現した改良型直列4気筒DOHC 1.8L エンジン「2ZR-FXE」を搭載 システム全体で約20%の低損失化を達成した。

ベースモデルでJC08モード燃費32.6km/Lから40.8km/LへUPしJC08モード燃費で8.2km/L向上した。

新型カローラハッチバックも同様に、4代目プリウスのハイブリッドシステムを移植されたが、重量や空気抵抗などの関係もありJC08モード燃費は34.2km/Lとなる。新型カローラフィルダーもほぼ同様の燃費となることは間違えなさそうだ。 現行カローラフィルダーのハイブリッドモデルはJC08モード燃費:34.4km/Lなので燃費のみを比較するならほぼ変化はないだろう。しかし、システム最高出力:最高出力73kW(100PS)から90kW(122ps)にアップし更にTNGAアーキテクチャーによる走行性能の向上により全く違った車へと生まれ変わるだろう。

スペック新型カローラフィルダー
全長4,410mm
全幅1,735mm
全高1,470mm
ホイールベース2,700mm
エンジン直4 DOHC 1.8L+モーター(THSⅡ)
最高出力72kW(98ps)/5,200rpm
最大トルク142Nm(14.5kgm)/3,600rpm
フロントモーター最大出力53kW(72ps)
フロントモーター最大トルク163Nm(16.6kgm)
リアモーター最大出力5.3kW(7.2ps)
リアモーター最大トルク55Nm(5.6kgm)
システム出力90kW(122ps)
車両総重量1,440kg
JC08モード燃費34.2km/L
価格

新型エンジン採用

新型の2.0L直列4気筒ガソリンエンジンを搭載。
現行エンジンで言えば同2500cc相当のパワーが出るという。
米欧など世界で年間100万基規模の生産体制を整える。
投資額は数百億円の見込み。新型エンジンの展開で電動化車両だけでなく、ガソリン車の競争力も高める。

直列4気筒2.0L直噴エンジン「Dynamic Force Engine」
最高出力:126ps/6,600rpm
最大トルク:205Nm/4,800rpm
トランスミッション:Direct Shift-CVT
駆動方式:FF/4WD

新型 直列4気筒2.0L直噴エンジン「Dynamic Force Engine(2.0L)」

新型エンジンは、高速燃焼技術、可変制御システムの採用のほか、排気・冷却・機械作動時などの様々なエネルギーロスを少なくして熱効率を向上させるとともに高出力を実現。その結果、新開発の2.0Lガソリン車用エンジン・ハイブリッド車(HV)用エンジンは、それぞれ、世界トップレベルの熱効率40%・41%を達成した。また、従来型エンジンに比べて、低回転から高回転まで全域でトルクアップを実現すると同時に、各国の排気規制にも先行して対応した。

第2世代の次世代 Toyota Safety Sense Pの主な特長

第2世代の次世代Toyota Safety Sense Pを全車標準搭載。

更に、Toyota Safety Sense Pについては改良が施され、細かな調整がされより安全技術が向上する。

トヨタセーフティセンスPのプリクラッシュブレーキでは、歩行者との相対速度が約30km/h以内の場合に衝突回避を支援し、車両の場合だと10km/h~最高速の幅広い速度域で作動する。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーンディパーチャーアラート(LDA)
オートマチックハイビーム(AHB)or アダプティブハイビームアシスト(AHS)(新機能)
歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーダークルーズコントロール
レーントレーシングアシスト(LTA)(新機能)
ロードサインアシスト(RSA)(新機能)
先行者発進告知(新機能)

ミリ波レーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保。衝突回避支援型PCS、LDA、AHBの3種類の予防安全機能に加え、PCSに歩行者検知機能を付加。対歩行者の衝突回避支援/被害軽減を可能にするとともに、レーダークルーズコントロールも装備する。

衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
レーザーレーダーとカメラを用いて前方の障害物を検知し、衝突の危険がある場合、まずドライバーにブザーとディスプレイ表示で警報を出すことでブレーキを踏むように促す。ドライバーが衝突の危険に気づいてブレーキを踏んだ場合、強力なブレーキアシストが作動。また、仮にブレーキを踏まなかった場合でも、例えば、停止車両に対し自車の速度が30km/hの場合は、自動ブレーキにより約30km/hの減速を行い、衝突回避を支援。自動ブレーキは約10~80km/hの幅広い速度域で作動し、実際に発生している追突事故の80%以上に対応。
歩行者に対しては夜間でも同じく約10km/h~80km/hの範囲でPCSの自動ブレーキが作動するようになった。

ロードサインアシスト(RSA)
検知対象を拡大し、ほか、また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった主要な交通標識を読み取ってインパネに表示する。

レーンディパーチャーアラート(LDA)
カメラによって走行車線の白線や黄線を認識し、車線逸脱の可能性を検知した場合にはブザーとディスプレイ表示でドライバーに警報を出すことで、車線逸脱による衝突事故の回避を支援。

オートマチックハイビーム(AHB)
カメラによって対向車のヘッドランプ、または先行車のテールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えることで、他の車両のドライバーの眩惑を低減するとともに、夜間の前方視界確保を支援。

アダプティブハイビームアシスト(AHS)
LEDの点灯・消灯を細やかに制御することで、先行車や対向車に光が当たる部分だけを自動的に遮光できるシステムです。ハイビームを保持したまま走行できる頻度を高めて、夜間の優れた視認性を確保。

歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは、歩行者に対しては10~80km/hの速度域で作動し、例えば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避を支援。また、車両に対しては、10km/h~最高速の幅広い速度域で作動し、例えば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合には約40km/hの減速が可能。

レーダークルーズコントロール
先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。
トヨタはモビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロ」を目指し、「統合安全コンセプト」に基づいた各種の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化している。

レーントレーシングアシスト(LTA)
レクサス 新型LSシリーズに搭載されたレーントレーシングアシスト[LTA]を次世代 Toyota Safety Sense Pに初採用。 高速道路や自動車専用道路を走行中、レーダークルーズコントロールの作動時にレーントレーシングアシスト[LTA]のスイッチをONにすると車線維持に必要なステアリング操作支援を行う。

先行者発進告知

 

スペック新型カローラ フィルター
全長4,410mm
全幅1,735mm
全高1,470mm
ホイールベース2,700mm
エンジン1.5L 直4DOHC+モーター
最高出力74ps/4,800rpm
最大トルク11.3kgm/3600~4,400rpm
モーター最高出力61ps
モーター最大トルク17.2kgm
トランスミッションCVT
駆動方式AWD
JC08モード燃費40km/L
価格

 

Toyota-Corolla-1.jpg

Toyota-Corolla-2.jpg

Toyota-Corolla-3.jpg

 

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ソース
http://www.autoevolution.com/news/2019-toyota-corolla-sedan-spied-side-mirrors-stick-out-like-shreks-ears-112689.html#

トヨタ 新型 カローラ フィルダー/ アクシオ ハイブリッド フルモデルチェンジ 3ナンバー化 TNGA採用 2019年6月発売
トヨタは新型カローラ フィルダー/ アクシオのフルモデルチェンジを行い2019年6月発売する。 同時期に新型オーリスもフルモデルチェンジを果たし、カローラハッチバックとし発売される。 2018年4月25日~5月4日に開催される北京モーターショー2018にて新型カローラ、新型レビンのPHV プラグインハイブリ...
トヨタ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報