マツダ 新型 CX-3 デミオベースの小型版SUVでフルスカイアクティブ搭載!!

マツダが新型CX-3の開発を進めている。

大ヒットしたCX-5の小型SUVであり、次期デミオをベースに開発が進められている。

CX-3のポジションとしては、現行ベリーサを廃しその枠を引き継ぐことになるが、エクステリアデザインはCX-5の流れを汲んだものになる。

競合は最近発売されたホンダ VEZEL、日産ジューク、フォードXスポーツなどとなる。

SKYACTIVを搭載し、 新型デミオに搭載された1.5LSKYACTIVエンジンが採用される。
新開発 小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」搭載

新開発1.4Lクリーンディーゼルターボを搭載する計画もある様子。

全長x全幅x全高:4400mm×1765mm×1670mm

発表は2014年11月21日から30日まで開催されるロサンゼルスモーターショーで出展が決まった。

発売時期は2014年末~2015年頭に発売予定である。

cx-3_1234
cx-3_02

(現行CX-5)

スペック 新型CX-3
全長 4400mm
全幅 1765mm
全高 1679mm
エンジン 直4 1.5L SKYACTIV
 JC08モード燃費 25km/L
価格 210~280万円

ソース

マツダが新型となるCX-3を2月27日に発売した。 大ヒットしたCX-5の小型SUVであり、次期デミオをベースに開発が進められた。 デミオと比べCX-3は車高は50mmUPし、車幅70mm、全長215mm伸びた。 内装やデザインやシャーシは同じでもデミオに比べてかなり大きい印象がやはりある様子だ。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事