ホンダ 新型 N-BOX / N-BOX カスタム フルモデルチェンジ Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準搭載 JC08モード燃費27km/L 2017年9月1日発売

ホンダは新型N-BOX / N-BOX+ カスタム のフルモデルチェンジを行い2017年8月31日に発表した。

2017年9月1日に発売開始。

価格:138万5,640円~208万80円

2017年5月25日、今秋フルモデルチェンジを予定している新型N-BOXの画像を初公開した。
2017年6月9日に、更に追加で画像を公開した。
2017年7月7日ホンダは新型N-BOXの先行公開サイトをオープン予約受付をスタートした。

新型N-BOX/N-BOXカスタムの主な変更点

LEDヘッドライト(全車標準装備)
N-BOXカスタムにはLEDシーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)を採用。
新開発「助手席スーパースライドシート」を採用(タイプ別設定)
リヤシートスライドは全車標準装備、ベンチシートではなくセパレートでウォークスルーも可能。
Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準搭載

ホンダ新型N-BOXとN-BOXカスタムのエクステリアデザインについて

新型「N-BOX」の先行情報サイトより「新型N-BOX 2017.8.31 Debut」


新型 N-BOX N-BOX カスタム

新型 N-BOX カスタム

新型N-BOXが本田技研工業の株主総会で展示されていた。

そして、既に日本ではテストカーの走行試験に入っている。

「新型❔」マシリトのブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ!

新型N-BOX/N-BOXカスタム サイズについて

全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,790~1,815mm
ホイールベース:2,520mm

新型N-BOX/N-BOXカスタム エンジンについて

直列3気筒DOHC 660cc i-VTECエンジン 自然吸気「S07B」型
最高出力:43kW(58PS)/7300rpm
最大トルク:65Nm(6.6kgm)/4800rpm
トランスミッション:CVT
JC08モード燃費:27.0km/L

直列3気筒DOHC 660cc i-VTECターボエンジン 自然吸気「S07B」型
最高出力:47kW(64PS)/6,000rpm
最大トルク:104Nm(10.6kgm)2,600rpm
トランスミッション:CVT(7スピードモード付き)+パドルシフト
JC08モード燃費:23.0km/L

N-BOXについて

2011年11月30日発売モデルと販売日が公式発表され2011年12月16日 に「N-BOX」として 販売が開始される。
2012年7月5日にNシリーズ第二弾として「N-BOX +(エヌ ボックス プラス)」が発表される。
2012年7月6日発売開始。


現行N-BOX N-BOXカスタム

空間効率を最大限にするため、新設計の「Nシリーズ共通プラットフォーム」に加え、 フィットに用いられたセンタータンクレイアウトをホンダの軽自動車で初めて採用した。
結果、クラスでもっとも低いフロアを実現した。同時に「ミニマムエンジンルーム」の思想を 採り入れたことによって従来比で70mm前方に圧縮し、その分を室内長として活用している。

ホンダの大ヒット車種となった!!

日本自動車販売ランキング 2016年上半期においても
軽自動車では
2015年11月20日にマイナーチェンジをした新型N-BOXが15,622台でトップだ!!
2位はタントで12,340台、3位はホンダのN-WGNで8,059台である!!

2017年6月になってもN-BOXは16カ月連続トップを記録している。1位はホンダN-BOXで 1万7,654台で首位となった。

新型N-BOXについて


新型N-BOX

今回は、2代目となる新型N-BOXシリーズは丸5年でのフルモデルチェンジとなる!!

今回のフルモデルチェンジはキープコンセプトであるが、9割の部品を見直し、使い勝手や操作性の向上、約80kgの軽量化による燃費向上となる!!

気になる燃費だがJC08モード燃費 NA:27.0km/L ターボ:25.6km/Lとなる!!
現行モデルはJC08モード燃費 NA:25.6km/L ターボ:23.8km/L。

ライバル車種はスズキのスペーシアダイハツのタントである。
スペーシアはJC08モード燃費32.0km/L
タントはJC08モード燃費28.0km/Lであり燃費では劣る・・・

ホンダ新型N-BOXとN-BOXカスタムのインテリアデザインについて

新型N-BOXの内装

新型N-BOX カスタムの内装

新開発「助手席スーパースライドシート」を採用

しかし、デザインや価格設定、更に各パーツのレイアウト変更により助手席が後席近くまでスライドが可能になる新開発「助手席スーパースライドシート」を採用し、スライド幅57cmとなり居住空間を拡大することで競争力を維持することになる!!

先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準装備

ホンダの先進技術、「Honda SENSING(ホンダ センシング)」へと変更され安全性での向上も今後図られる。

運転支援システムである「Honda SENSING(ホンダ センシング)」も全モデル標準装備される。

あんしんパッケージをホンダの先進技術、「Honda SENSING(ホンダ センシング)」へ と変更され安全性での向上も今後図られる。

ホンダ車として初めて「後方誤発進抑制機能」を搭載。
2017年7月6日に発表した新型グレイスでホンダ車初搭載した「オートハイビーム」も搭載。

衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)
前走車、対向車、歩行者との衝突回避を支援。
約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある前走車両や歩行者、または対向車両(二輪車や自転車等を除く)に対して衝突する可能性があるとシステムが判断した場合に作動し、自動的に停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。対向車両(二輪車や自転車等を除く)と歩行者に対しては、自車が約80km/h以下で走行中の場合に作動します。

路外逸脱抑制機能
車線を検知し、はみ出さないように支援。
約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。 LKAS(車線維持支援システム)
車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。
約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱またはシステムが路外への逸脱を予測したとき、作動します。運転者のステアリング操作に代わるものではありません。運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。

ACC 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。
30km/h~約100km/hで作動します。急なカーブや加速・減速の繰り返しが少ない、高速道路や自動車専用道路などを運転するときに使用してください。

標識認識機能
標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。

誤発進抑制機能
不注意による急発進を防止し注意を喚起。
停車時や約10km/h以下で走行しているとき、自車のほぼ真正面の近距離に車両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

先行車発進お知らせ機能
停止時に、先行車が発進したことをお知らせ。

後方誤発進抑制機能
後方に障害物があるにも関わらず、セレクトレバーがR(リバース)の状態でアクセルペダルを強く踏み込んだ際、急な後退を抑制する機能。

オートハイビーム
対向車や前走車を検知し、 自動でハイ/ロービームを切り換え。
良好な視界の確保に貢献するとともに、切り換え操作の頻度も低減。

ホンダ新型N-BOX ボディカラー 全14色

クリスタルブラック・パール
ブリティッシュグリーン・パール
ブリリアントスポーティブルー・メタリック
プレミアムアガットブラウン・パール
プレミアムイエロー・パールII
プレミアムピンク・パール
プレミアムホワイト・パールII
モーニングミストブルー・メタリック
ルナシルバー・メタリック

プレミアムアイボリー・パール×ブラウン
プレミアムアガットブラウン・パール×ホワイト
プレミアムイエロー・パールII×ホワイト
プレミアムピンク・パール×ホワイト

ホンダ新型N-BOXカスタム ボディカラー 全12色

クリスタルブラック・パール
シャイニンググレー・メタリック
ブリリアントスポーティブルー・メタリック
プレミアムグラマラスブロンズ・パール
プレミアムベルベットパープル・パール
プレミアムホワイト・パールII
ルナシルバー・メタリック

クリスタルブラック・パール×レッド
グラマラスブロンズ・パール×シルバー
ブリリアントスポーティブルー・メタリック×ブラック
プレミアムホワイト・パールII×ブラック
ミラノレッド×ブラック

ホンダ新型N-BOX グレードについて

現行比でグレード価格は10万円〜20万円程度上がっている。
最高グレードになると200万円オーバーとなった。

ベンチシート仕様
G Honda SENSING
2WD(FF) 価格:138万5640円
4WD:価格:142万8,840円

G.L Honda SENSING
2WD(FF) 価格:149万9,040円
4WD価格:159万6,240円

G.L ターボ Honda SENSING
2WD(FF) :価格:169万5,600円

スーパースライドシート仕様
G.EX Honda SENSING
2WD(FF)価格:159万6,240万円
4WD価格:165万240円

G.EXターボ Honda SENSING
2WD(FF) 価格:174万9600円

ホンダ新型N-BOX カスタムグレードについて

スーパースライドシート仕様
G.EX Honda SENSING
2WD(FF)価格:1,752,840円
4WD価格:1,883,520円

G.EXターボ Honda SENSING
2WD(FF) 価格:200万8,800円
4WD価格: 1,883,520円

ベンチシート仕様
G.L Honda SENSING
2WD(FF) 価格:1,698,840円
4WD 価格:1,829,520円

G.L ターボ Honda SENSING
2WD(FF)価格:1,895,400円
4WD価格:2,026,080円

ホンダ新型N-BOX 各グレード主要装備について

新型N-BOX G.EX Honda SENSING 2WD(FF) /4WD
主要装備
Honda SENSING
サイドエアバッグ・カーテンエアバッグ
LEDヘッドライト(プロジェクタータイプ)
チップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシート
360度スーパーUV・IRカットパッケージ
助手席スーパースライドシート
アレルクリーンプラスシート
プラズマクラスター付きフルオートエアコン
スライドドアイージークローザー(リア両側)
パワースライドドア(タッチセンサー/挟み込み防止機能付き)
ナビスペシャルパッケージ(リアカメラ・フルセグ対応アンテナ・ETC車載器・オーディオリモコンスイッチ)4スピーカー
充電用USBジャック (急速充電付USB 2個付)
Hondaスマートキーシステム(キー2個付)
14インチアルミホイール

新型N-BOX G.EXターボ Honda SENSING 2WD(FF) /4WD

G.EX Honda SENSINGに追加で
本革巻ステアリングホイール
パドルシフト
運転席&助手席シートヒーター(4WDのみ)
撥水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス(4WDのみ)

新型N-BOX カスタム G.EX Honda SENSING 2WD(FF) /4WD
主要装備
Honda SENSING
サイドエアバッグ・カーテンエアバッグ
LEDヘッドライト(マルチリフレクタータイプ)+シーケンシャルターンシグナルランプ
チップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシート
360度スーパーUV・IRカットパッケージ
助手席スーパースライドシート
アレルクリーンプラスシート
プラズマクラスター付きフルオートエアコン
スライドドアイージークローザー(リア両側)
パワースライドドア(タッチセンサー/挟み込み防止機能付き)
ナビスペシャルパッケージ(リアカメラ・フルセグ対応アンテナ・ETC車載器・オーディオリモコンスイッチ)8スピーカー
充電用USBジャック (急速充電付USB 2個付)
Hondaスマートキーシステム(キー2個付)
14インチアルミホイール

新型N-BOX カスタムG.EXターボ Honda SENSING 2WD(FF) /4WD

G.EX Honda SENSINGに追加で
15インチアルミホイール
本革巻ステアリングホイール
パドルシフト
運転席&助手席シートヒーター(4WDのみ)
撥水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス(4WDのみ)

新型N-BOXスペックについて

エンジンは変更型式:S07B

スペック 新型 N-BOX
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,790mm
ホイールベース 2,520mm
エンジン 658cc 直列3気筒DOHC i-VTECエンジン
最高出力 58ps/7,300rpm
最大トルク 6.6kg.m/4,800rpm
トランスミッション CVT
駆動方式 FF / 4WD
JC08モード燃費 27.0km/L(FF) 25.0km/L(4WD)
価格 138万5,640円~208万80円

最後に一言

N-BOXは上記でも記載した通り、現在も軽自動車の販売台数ナンバー1の車種であるが、安全装備や燃費面でスズキ スペーシア、ダイハツ タントに負けているのにも関わらず、勝ち続けている。この大きな要因はホンダのシートアレンジと快適な室内空間作りが評価されていることは間違いない!!
そして、フルモデルチェンジを行い更に新開発「助手席スーパースライドシート」や先進運転支援システム Honda SENSING(ホンダ センシング)全モデル標準装備、JC08モード燃費の向上を果たす事になり、今後も軽自動車の販売台数ナンバー1となることは間違えなさそうだ。

今後新しい情報が入り次第お伝え致します。

ホンダN-BOX

こちらはHonda N-BOXの公式情報ページです。最新のWEBカタログで、スタイリングやインテリア、荷室をはじめとする、N-BOXの様々な魅力をチェックいただけます。
http://www.honda.co.jp/news/2017/4170525a.html

ソース
http://car-report.jp/blog-entry-924.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事