ルノー 新型 メガーヌ RS フルモデルチェンジ 日本 2018年8月30日発売

ルノー

ルノーは新型メガーヌRSのフルモデルチェンジを行い2017年9月13日に正式発表した。
日本では2018年8月30日に発売を開始した。

価格:440万円

2018年7月20日メガーヌ R.S.トロフィーを発表、2018年末に発売する。

2017年3月開催のジュネーブモーターショーでデザインが正式発表を前に新型メガーヌRS画像が公開された。
プレスデー2017年9月12日~13日、一般公開日9月16日~24日に開催されるフランクフルトモーターショー2017にて世界初公開された。

新型メガーヌRS エクステリア

 

新型メガーヌRS インテリア

 

新型メガーヌ RSについて

ルノー新型メガーヌはフルモデルチェンジに設定されるハイスペックモデルだ。新型エンジン 1.8Lターボエンジンを搭載。ハイスペックモデルとなる「メガーヌRSトロフィー」を追加。メガーヌ RSに比べ20PS(20hp / 15kW)と最大30Nm(22lb-ft)のトルクにより、トロフィーは0〜100km / h(0〜62mph) 5.7秒で、0.1秒の改善されている。リアホイールステアリングシステム、LSD、専用スポーツサスペンション専用19インチホイール、ブリヂストン製タイヤを組み合わせた。

ルノーF1パイロットのニコ・ヒュルケンベルグも開発に参加した。

新型メガーヌ RS /メガーヌ R.S.トロフィー スペックについて

全長:4,395mm
全幅:1,860mm
全高:1,420mm
ホイールベース:2,670mm

メガーヌ RS
直列4気筒1.8Lターボエンジン
最高出力:280ps
最大トルク:39.8kgm
トランスミッション:パドルシフト付き7速デュアルクラッチ or 6速MT
駆動方式:FF

メガーヌ R.S.トロフィー
直列4気筒1.8Lターボエンジン
最高出力:300PS(296hp / 221kW)
最大トルク:40.8kgm
トランスミッション:パドルシフト付き7速デュアルクラッチ or 6速マニュアル
駆動方式:FF。

メガーヌについて

メガーヌはCセグメントの乗用車で、1995年にデビューし、ルノー・19の後継モデルである。
先代モデルは3代目で2008年11月から販売を開始。7年目で現行にモデルチェンジをした。
新型メガーヌは、先に発売された新型タリスマンとデザインを共通化させている。
新デザインのLEDライトが印象的だ。
タリスマンにも搭載されている、8.7インチのタッチスクリーンディスプレイが搭載。

メガーヌ RSについて

2014年6月にメガーヌRS275トロフィー
ニュルブルクリンク北コースのFFラップレコード最速7分54秒36を出し、
セアト・レオン・クプラ・280が持っていた7分58秒44という記録を破った。

その後、ホンダのシビックタイプRがラップタイム7分50秒63を出した。

現在はニュルブルクリンク北コースのFFラップレコード最速は
新型ゴルフ GTI クラブスポーツS でタイムは7分49秒21である。

ホンダの新型シビックタイプRも現行モデルにモデルチェンジしFFラップレコード最速を今回のフルモデルチェンジで進化を遂げ新型ゴルフ GTI クラブスポーツSのラップレコードを5秒41短い7分43秒80になり最速タイムを更新した!!
新型メガーヌRSは更にラップレコードを超えると言われている!!

ライバル車種はやはり、新型シビックタイプR、新型ゴルフ GTI クラブスポーツSになる。


新型シビックタイプR

ソース
https://www.facebook.com/Renault-News-Germany-915939828475856/

ルノー 新型 メガーヌ RS フルモデルチェンジ 日本 2018年8月30日発売
ルノーは新型メガーヌRSのフルモデルチェンジを行い2017年9月13日に正式発表...
ルノー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
自動車最新情報