ホンダ グーグル(Waymo社)と完全自動運転車で技術提携 2017年に正式発表か?!

ホンダは市街地まで自動走行できる完全自動運転車の開発をグーグル傘下に持つ
アルファベット社の自動運転研究子会社「ウェイモ(Waymo)社」と提携すると
2016年12月22日に発表した。

ホンダは2020年頃に高速道路での自動運転実用化を目指しているという。

自動運転分野でグーグルと提携するのは国内メーカー初である。

honda-clarity_6761.jpg
honda-clarity

グーグルとフィアット・クライスラー・オートモービルズ(Fiat Chrysler Automobiles(FCA))と、
自律走行車の分野での技術提携を行うことも発表している。

Chrysler Pacifica Hybrid_01
Chrysler Pacifica Hybrid

グーグルの自動運転車開発計画

2009年にスタートしたグーグルの自動運転車開発計画は、事業化に向けまた一歩前進する。
グーグルは現在、市販されているトヨタ自動車の「レクサスRX450h」を自ら改造した実験車両と、
自社設計した2人乗りのプロトタイプ合計70台を保有。

米国の4都市で累計150万マイル(約240万km)の公道走行実験を重ねてきた。

毎日新聞より

ホンダは20年までに高速道路走行に限定した部分的な自動運転車の実用化を目指してきた。だが、米フォード・モーターが完全自動運転車の量産を21年から始める方針を打ち出すなど海外勢の計画は先行しており、ホンダも開発を加速させる。

ホンダは提携後も部分的な自動運転車開発は自前で進める方針。グーグルとの資本提携までは「現時点で考えていない」(幹部)という。

完全自動運転を巡っては、日産自動車も20年までに交差点を含む一般道を走行できる自動運転機能搭載車の実用化を目指している。一方でトヨタ自動車は安全性への懸念などから高速道など限定的な環境での自動運転実用化を目指す姿勢を崩していない。

毎日新聞

 ホンダは22日、市街地まで自動走行できる完全自動運転車の開発を米IT大手グーグルのグループ会社と始めると発表した。2017年にも正式に技術提携し、開発を本格化させる。自動運転分野でグーグルと提携するのは国内メーカー初。激化する自動運転車開発競争を人工知能(AI)技術に秀でたグーグルとの協業で勝ち抜く構えだ。
ホンダニュースリリース
http://www.honda.co.jp/news/2016/c161222a.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をお届けした
自動車最新情報の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Facebook ページ
関連記事

関連記事