ホンダは新型フィットのフルモデルチェンジを行い2020年2月14日に発売する。

新型フィット 4代目について

エクステリア

4代目となる新型フィットは現行同様にキープコンセプトとし、全長を伸ばし、室内空間を更に広げ使い勝手を向上させる。 「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「NESS(ネス)」「LUXE(リュクス)」「CROSSTAR(クロスター)」と異なる5タイプを採用。NESSはスポーツタイプ。フィットネスからきている。HOMEは居心地のいい家をイメージしてある。 車高を30mmアップさせたクロスオーバースタイルのエクステリアデザインが特長とした「CROSSTAR(クロスター)」を新設定。「クロスター」は専用デザインのフロントグリルと前後バンパー、アルミホイールを採用。ドアアウターハンドル、ドアミラーにシルバー塗装、サイドシルガーニッシュはブラックに変更。専用装備のルーフレールも追加。

インテリア

フロントピラーを従来とは異なる断面構造とし、万が一の衝突時にはボディーへ荷重を流す構造を採用。 インテリアのフロントシートには上級セダンへの搭載も見据えて新しく開発した、新世代の「ボディースタビライジングシート」を採用し長時間ドライブでも疲れにくく、やわらかな座り心地を実現したシート構造とした、「オートブレーキホールド」機能を搭載し停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保って、アクセルを踏むと解除されるので渋滞時などで活躍してくれるテレスコピック&チルトステアリング機構」を採用したことで大きい方から小さい方までベストなポジションで運転が可能となる。「パーキングブレーキシステム」を採用 。 ホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を日本初搭載。

エンジン

1.5L i-VTECエンジン+「2モーターハイブリッドシステムのi-MMD(e:HEV)」を採用

新型フィット 4代目スペックについて

スペック 新型フィット
ハイブリッド
全長 3,995mm
全幅 1,695mm
全高 1,525mm
ホイールベース 2,550mm
エンジン 1.5L i-VTECエンジン
+新型i-MMD (e:HEV)
最高出力 80kW(109PS)/
6,000rpm
最大トルク 134Nm(13.7kgfm)/
5,000rpm
モーター
最高出力
96kW(131PS)/
4,000-8,000rpm
モーター
最大トルク
267Nm(27.2kgfm)/
0-3,000rpm
トランス
ミッション
電気式
無段階変速機
JC08モード燃費 39.0km/L
WLTCモード燃費 35.0km/L
価格 180万円-250万円

https://car-repo.jp/blog-entry-1652.html