ホンダは「S660」のマイナーチェンジを行い2020年1月10日に発売する。2020年1月10日から開催される東京オートサロン2020にて初公開し発売を開始する。

ホンダ 新型 S660 マイナーチェンジ 2020年モデル

初のマイナーチェンジとなる今回はエクステリアのデザイン変更を行いイメージを一新する。(ヘッドライト、フロント&リアバンパー、フロントグリル、アルミホイールのデザイン変更。)ドアミラーウインカーを採用。シートヒーター左右シートに標準装備。(αのみ)ステアリングホイール、シフトノブは現行パンチングレザー部が「アルカンターラ」に変更。安全装備では、シティブレーキアクティブシステムから先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を採用されない。 マイナーチェンジのタイミングで変更して欲しいポイントであった。

ホンダ 新型 S660 マイナーチェンジ 2020年モデル 安全装備

新型「S660」 マイナーチェンジモデルには「シティブレーキアクティブシステム」を全車標準装備。

シティブレーキアクティブシステム

低速域衝突軽減ブレーキ 約30km/h以下での前方車両との衝突の回避・軽減を、自動(衝突軽減)ブレーキで支援。
誤発進抑制機能 前方に障害物がある状況で、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、急発進の防止を支援する機能も備えている。

ソース

https://car-repo.jp/blog-entry-honda-s660-2020.html

ホンダ S660

https://www.honda.co.jp/S660/