UX300e

LEXUSは初のEV市販モデル新型「UX300e」を2019年11月22日から開催された広州モーターショー2019で世界初公開した。2020年に中国や欧州などから順次発売、日本では2021年に発売する。

新型 UX300e について

ハイブリッドで培ったモーター制御技術を軸とに、「パワートレーン・ステアリング・サスペンション・ブレーキ」などを統合的に制御。走行シーンに応じた駆動力コントロールを行うことで理想的な車両姿勢を実現し、より安心安全で運転する楽しさを感じられるクルマとした。EVシステム全体の性能向上を図りながらバッテリーの信頼性にもこだわって開発。さらに先進のコネクティッド技術を採用、スマートフォンと連携した高い利便性を実現。最新「Lexus Safety System+」を装備。LEXUSのコンパクトクロスオーバーUXが備えている個性的なデザインや高い機能性はUX300eにも継承され、車両全体での優れたパッケージングを実現。

新型UX300e スペック

スペック 新型UX300e
全長 4,495mm
全幅 1,840mm
全高 1,520mm
ホイールベース 2,640mm
モーター 4KM
最高出力 150kw(204ps)
最大トルク 300Nm(30.6rpm)
リチウムイオン
バッテリー
54.3kWh
航続距離 400km
駆動方式 2WD

新型 UX300e 公式動画

ソース

https://car-repo.jp/blog-entry-lexus-ux300e-2020.html

レクサスニュースリリース

https://lexus.jp/pressrelease/news/20191122.html