スズキは新型ハスラーのフルモデルチェンジを行い2019年12月24日発表、2020年1月20日に発売する。現行モデル発売から丸5年でのフルモデルチェンジとなる。

新型ハスラーについて

エクステリア

エクステリアデザインはキープコンセプトであり、ハスラーのヘッドライトは現行と同じ丸目となる。ボンネットの高さを20mm上げ、丸みがありながらも厚みと少し角ばったイメージとなり新型「ジムニー」に近いデザインとなった。

インテリア

インテリアデザインは新型クロスビー(XBEE)やに近いデザインとなる。インテリアの質感もかなり高くアウトドアとスポーティな印象を受ける。特にダッシュボードの形状やナビ周りが特徴的である。メーターには「カラー液晶メーター」を採用。ナビゲーションには9インチのナビを装備。残念ながら電動パーキングブレーキ&ホールドは非搭載である。スズキ軽初となる「スノーモード」を採用する。

プラットフォーム

6代目新型ワゴンR採用されている、次世代軽量プラットフォーム「ハーテクト」を採用し骨格や主要部品を全面刷新し、高い剛性と軽量化を実現する。次世代軽量プラットフォーム採用により現行モデルよりも室内空間を広げることができる。

エンジン

エンジンは新型ワゴンRに採用されるマイルドハイブリッドを採用しモーターアシストする時間とモーター出力をアップ、最高出力2.2psから3.1psへと出力をアップさせることでより燃費性能を向上させる。

予防安全技術 「デュアルカメラブレーキサポート」

予防安全技術 SUZUKI Safety Support「デュアルカメラブレーキサポート」を現在採用しているが、新型ワゴンR などに採用される「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載。

新型ハスラー スペックについて

スペック 新型ハスラー
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,680mm
ホイールベース 2,460mm
エンジン 660cc 直列3気筒
エンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒
ターボエンジン
+ モーター
660cc 直列3気筒
ターボエンジン
エンジン最高出力 38kW(52ps)/
6,500rpm
47kW(64ps)/
6,000rpm
エンジン最大トルク 60Nm(6.1kgm)/
4,000rpm
95Nm(9.7kgm)/
3,000rpm
モーター最高出力 2.3kW(3.1ps)/
1,000rpm
モーター最高トルク 50Nm(5.1kgm)/
100rpm
バッテリー リチュウムイオン
電池
駆動方式 2WD(FF)/4WD
WLCTモード燃費 25.0km/L 22.6km/L 20.0km/L
乗車定員 4名

ソース
https://car-repo.jp/blog-entry-1714.html

スズキニュースリリース

https://www.suzuki.co.jp/release/a/2017/1204/

スズキ ハスラー

https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/