raize

トヨタは新型コンパクトSUV「ライズ」を2019年11月5日に発売した。ダイハツによって企画・開発から生産までを一括して担い、 トヨタに対して供給するOEM車となっている。

新型ライズについて

プラットフォームはダイハツの「DNGAプラットフォーム」を採用。新型タントに続く「DNGA」第2弾となる。ボディサイズは5ナンバーサイズに抑えた。全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mmと5ナンバーサイズに収めている。大径17インチタイヤまたは16インチタイヤを採用。最小回転半径は4.9~5.0mとした。更にダイナミックトルクコントロール4WDを採用。

raizeraize

トヨタの先進技術といえば、「Toyota Safety Sense」であるが、ラッシュ後継モデルは設計および開発・生産をダイハツが行っているため新型タント/ タントカスタムに搭載された先進技術「次世代スマートアシスト」を採用する。

raize

メーターにはフル液晶のディスプレイ「アクティブ マルチ インフォメーションメーター」を採用。ライズ専用9インチディスプレイオーディオを採用。SmartDeviceLinkとApple CarPlayに対応したアプリをディスプレイ上で操作することが可能。カーナビゲーションとスマートフォンを接続するサービス「ダイハツコネクト」を採用している。

新型ライズ スペックについて

気になるエンジンだがトヨタ「ルーミー/タンク」に搭載される1.0L 直3気筒ターボエンジンを搭載する。更にトヨタ車として初めてD-CVTを組みわせる。

スペック 新型ライズ
全長 3,995mm
全幅 1,695mm
全高 1,620mm
ホイールベース 2,525mm
エンジン 1.0L 直3気筒
ターボエンジン
最高出力 72kW(98ps)/
6,000rpm
最大トルク 140Nm(14.3㎏m)/
2,400-4,000rpm
トランスミッション CVT
駆動方式 2WD/4WD
最小回転半径 4.9m~5.0m
タイヤサイズ 195/60R17
WLCTモード燃費 18.6km/L(2WD)
17.4km/L(4WD)
JC08モード燃費 23.4km/L(2WD)
21.2km/L(4WD)
価格 1,679,000円~
2,282,200円

新型ライズ グレード価格について

グレード エンジン トランス
ミッション
駆動方式 価格(10%)
X 1.0L 直3気筒
ターボエンジン
D-CVT 2WD 1,679,000円
4WD 1,918,800円
X”S” 2WD 1,745,000円
4WD 1,984,800円
G 2WD 1,895,000円
4WD 2,133,700円
Z 2WD 2,060,000円
4WD 2,282,200円

https://car-repo.jp/blog-entry-toyota-raize.html

トヨタ

https://toyota.jp/index.html

トヨタ ライズ

https://toyota.jp/raize/